無料
エロ
動画
桃色幻想
連載フィクションアダルト短編blog
【注意事項】
・当blogは18歳以上推奨です。18歳未満の方はすみやかにご退出願います。
・当blog内の画像、文章の無断転載を禁じます。
・当blogはリンクフリーです。好きにすればいいじゃない。なによ、別にリンクして欲しいとか、そういうわけじゃないわ! ほ、本当なんだからっ!
HOME
・ 作:憂詩
・ 作者にメール
RSS




ブログ ランキングナビ

●サイトバナー●
桃色幻想サイトバナー88*31

携帯版の桃色幻想始めました。
↓はそのQRコードです。





エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

お知らせ、更新情報など
●12/13発売「週刊アスキー」の「達人オススメの秘密サイト」というコーナーにて、当サイトが紹介されました。
ひと時の嵐のように(6)
「……まだ痛い?」
「少しヒリヒリするけど、平気」
「そう、よかった」
 ベッドにうつ伏せになった私の身体にオイルを擦り込みつつ、尋ねてくる咲江。
 このオイルは彼女の手製で、アロマオイルをいろいろ混ぜたものらしい。肌のお手入れと、殺菌、治療効果もあるとの事だ。
 彼女は特に、たくさん叩かれた私のお尻に、念入りにオイルを塗ってくれている。
「ちょっとやりすぎたかなって思ったけど、これならすぐに腫れも引くかな、うん」
「……凄かったわ、今日」
「あはは、最近ご無沙汰だったから、ちょっと興奮しちゃった」
 とか言いながら、私の耳を軽く噛んでくる。
「お互い仕事が忙しいし、仕方ないわ」
「そうね、でも、寂しくなかった?」
「それは……」
 顔を咲江の方に向けると、即、唇を塞がれる。
 長い、長い口付け……。
 彼女の舌が、私の口の中で踊り、くすぐり、翻弄する。
 返事は、言うまでもなかった。
「今度は、普通にしよう」
 咲江が、囁く。彼女は既に、素裸だ。
「……うん」
 頷いて、私もすぐに全てを脱ぎ捨てる。といっても、ショーツだけしか身につけていなかったけれど。
「濡れてるね、姉さん」
「あなたこそ……」
 お互いの足の間に顔を埋め、指と舌で快楽を送り合う私達。
「あぁ……咲江!」
 先に達したのは、またしても私の方だった。
 妹にしてご主人様でもある彼女の名を呼びながら、私は身体を震わせる。
 お互いを求め合う行為は、朝まで続いた──。

− 終 −

081.jpg

人気アダルトBLOG
他アダルトblogはコチラ

【2005/12/25 23:41】 女性同士 | トラックバック(-) | コメント(-) | [TOP]
ひと時の嵐のように(5)
「あ……あぁ……あ……」
 ぐったりした私の頭を、咲江は髪を掴んで引き起こした。
「オネンネするのは早いわよ。まだまだ、これからなんだから」
 私の目を真正面から見詰め、そう告げるご主人様。
 薄い微笑みと、光る瞳が私を捉え、貫く。
 身体の芯から熱いものが沸き上がり、背筋をぞわりと駆け抜けた。
「お好きなように、して……下さい……」
 自然と、そんな言葉が出てしまう。
「ええ、言われなくてもそうするつもりだから、安心して」
 さも当然のように、頷く彼女。
「蝋で汚れた身体を綺麗にしてあげるわ。感謝なさい」
 そう告げながら、咲江は鞭を振り上げた。
「はい……お願い、します……」
 私はその姿を、陶然と眺める。
 次に訪れるであろう衝撃を予想して、思わず身震いした。
 そして、次の瞬間、
 ──バシッ!
「あぁぁっ!!」
 思った通りの、いや、思った以上の鞭による横殴りの一撃が、私の胸に打ち込まれる。
 高い音、吊り下げられた不安定な身体が揺れ、痛みが全身を駆け巡けていく。
 ──バシッ!
 もう一度、胸にもらった。
 激しい打撃に、乾いた蝋が破片となって弾け飛ぶ。
「欲しいのはおっぱいだけじゃないでしょう? ほら、あとどこに欲しいか言ってごらん!」
 鞭の先を私の鼻先に突きつけ、咲江が問う。
「……に……」
「聞こえないよ! もっと大きな声で!」
 ──バシッ!
 悲鳴を上げ、のけぞる私。目から涙がこぼれた。
「お、お尻に……ください」
「ふん、いやらしいね。この大きなお尻をぶって欲しいのかい?」
「はい……」
「さっきもさんざん叩かれたくせに、まだ足りないとは恐れ入るよ。この発情期の雌豚め!」
「あぁっ!」
 Tバックを毟り取られ、身体を隠すものが何ひとつなくなった。
 さらに、剥き出しになったそこに、咲江は指を2本、何の前置きもなく突き入れてくる。
「う、くぁぁぁっ!」
 乱暴な行為に、痛みと……それ以外の感覚が身体を走り抜けた。
「濡れてるね、こんなにされても感じてるなんて、やっぱり最低の変態だ。畜生以下だよ、お前は」
「あ……あぁ……その通り、です……ごめんなさい、ごめんな、さい……」
 ぐりぐりと中をかき回され、うわ言のように繰り返す私。頭の中で苦痛と羞恥と快感がごちゃまぜになり、溶け、濁流となって私をどこかへと押し流していく。
「お望み通りくれてやる! 覚悟するんだね!」
「あ、ぅ、あぁぁぁっ!!」
 咲江の声に、鞭が空気を切り裂く音が重なる。続けて鋭く肉を打つ音、脳天まで突き抜ける衝撃。
 それが休みなく、何度繰り返された事だろう。
「うあぁ! くぅ、あっ、んぁぁぁぁぁぁぁぁーーー!!」
 やがて私の意識は、絶叫と共に遠くなっていった。
 身体から力が抜け、がっくりと弛緩する。
 それと同時に、私の股間から溢れ出す熱い液体。
「おやおや、お漏らしまでしちゃって。どこまではしたないんだろうね、この豚は!」
 最後に思い切り、尻をぶたれる。
 その音と、床に敷かれたブルーシートに、自分の尿が当たる音……それらのハーモニーを聞きながら、私は絶頂感に包まれつて、気を……失った。

080.jpg

ひと時の嵐のように(6)へ

人気アダルトBLOG
HIMEGURI-NET
Trans Novel Search
他アダルトblogはコチラ
【2005/12/24 23:49】 女性同士 | トラックバック(-) | コメント(-) | [TOP]
ひと時の嵐のように(4)
「え……?」
「そういえば、蝋燭は初めてだったわよね。ふふ、熱いわよ、身悶えするくらいに、ね」
 じっと炎を見つめた私の表情に浮かんだ不安を感じ取ったのだろう、咲江が私の顔の前で蝋燭を揺らしてみせる。
「ほーら、こんなに熱いんだから……」
 そう言うと、彼女は芯の根元に溜まってきた溶けた蝋を、ポタポタと自分の足に垂らし始めた。
 紅い斑点が、何かの花のように広がりすぐに固まっていく。
「熱いわ……さあ、これを今から貴女にもかけてあげる。たっぷりとね」
「はい……お願いします」
「いい返事ね。でも、声も表情もちょっと固いわ。正直におっしゃい、恐いんでしょう?」
「……はい、少し……」
「そう……」
 頷くと、咲江が微笑む。そして──。
「なら、楽しんで頂戴」
「あぁっ!!」
 彼女は無造作に、私のお尻の上で蝋燭を傾けた。再び溜まった蝋が全て流れ、降り注ぐ。鞭とは違う熱い刺激に、悲鳴を上げる私。反射的に身をよじったので身体も大きく揺れ、拘束された手首と足首が枷に食い込んだ。
「敏感ね。いい反応だわ」
 咲江はさらに蝋を垂らし続ける。今度は溜まるのを待たず、傾けた蝋燭から一滴、また一滴と私の身体に降り注がせていく。
「あっ、あぁっ!」
 その度に口から声を漏らし、私はビクンと身を震わせる。
「どう、熱い?」
「は、はい……」
「それは何よりね」
「はぁぁっ!!」
 また、溜まった蝋を、今度は背中に垂らされた。
 熱い流れが僅かに背中を伝わる感触。そしてそれは固まり、すぐに止まる。
「一本じゃ物足りないわね。もう一本持ってくるべきだったわ。ねえ、貴女もそう思うでしょ?」
「……はい……」
「うふふ、じゃあ、こんなのはどう?」
 咲江が蝋燭の炎を私に近づけ、ほんの一瞬だけ乳房を下から炙った。
「あっっ!」
 敏感な部分に、刺すように鋭い熱。
「ほら、ほーら」
「あっ! あっ! ひぃぃ!」
 両方の乳房に、そして乳首にまでそれを続けられた。ひきつった声を上げて、私はもがく。が、私を吊るしている鎖がチャリチャリと音を上げるだけだ。
「いい声。蝋燭を気に入ったみたいね。じゃあ、おっぱいにもかけてあげる」
 最後にそう告げると、咲江は力任せに私のブラジャーを引きちぎり、それまででもっとも溜まった熱蝋を、言葉通りに私の胸に浴びせかけた。
 狭い部屋に、私の悲鳴がこだまする。

079.jpg

ひと時の嵐のように(5)へ

官能小説ネット
大人の為の読み物探し処
Adult Novels Online
他アダルトblogはコチラ
【2005/12/23 23:58】 女性同士 | トラックバック(-) | コメント(-) | [TOP]
【広告】SMグッズ2
SMグッズ
「コルセット 「ボンテージ」」の詳細を見る
コルセット 「ボンテージ」
■ラテックスボンテージ ■ケースサイズ 238x154x27mm ■Mサイズ(アメリカンSサイズ)
直輸入モデルのボンテージラテックスファッションがつい登場!!お客様のナイトライフをより一層盛り上げる、最新のセクシーボンテージグッズをご用意致しました。是非この機会に征服と服従の快楽、魅惑の世界を味わって下さい。
価格:\7,350\4,778
「ミニショーツ 「ボンテージ」」の詳細を見る
ミニショーツ 「ボンテージ」
■ラテックスボンテージ ■ケースサイズ 238x154x27mm ■Mサイズ(アメリカンSサイズ)
直輸入モデルのボンテージラテックスファッションがつい登場!!お客様のナイトライフをより一層盛り上げる、最新のセクシーボンテージグッズをご用意致しました。是非この機会に征服と服従の快楽、魅惑の世界を味わって下さい。
価格:\5,670\3,687
「ストラップ・オン・ドレス 「ボンテージ」」の詳細を見る
ストラップ・オン・ドレス 「ボンテージ」
■ボンテージ ■ケースサイズ 238x154x27mm ■Mサイズ(アメリカンSサイズ)
直輸入モデルのボンテージラテックスファッションがつい登場!!お客様のナイトライフをより一層盛り上げる、最新のセクシーボンテージグッズをご用意致しました。是非この機会に征服と服従の快楽、魅惑の世界を味わって下さい。
価格:\6,090\4,001
「メイドドレス 「ボンテージ」」の詳細を見る
メイドドレス 「ボンテージ」
■ラテックスボンテージ ■ケースサイズ 238x154x27mm ■Mサイズ(アメリカンSサイズ) ■エプロン・ヘアバンドは付属しません。
直輸入モデルのボンテージラテックスファッションがつい登場!!お客様のナイトライフをより一層盛り上げる、最新のセクシーボンテージグッズをご用意致しました。是非この機会に征服と服従の快楽、魅惑の世界を味わって下さい。
価格:\7,350\4,778
「フレンチメイドドレス「ボンテージ」」の詳細を見る
フレンチメイドドレス「ボンテージ」
■ラテックスボンテージ ■ケースサイズ 212x152x36mm ■Mサイズ(アメリカンSサイズ)
直輸入モデルのボンテージラテックスファッションがつい登場!!お客様のナイトライフをより一層盛り上げる、最新のセクシーボンテージグッズをご用意致しました。是非この機会に征服と服従の快楽、魅惑の世界を味わって下さい。
価格:\9,240\6,006
「セクシータキシード「ボンテージ」」の詳細を見る
セクシータキシード「ボンテージ」
■ラテックスボンテージ ■ケースサイズ 212x154x35mm ■Mサイズ(アメリカンSサイズ)
直輸入モデルのボンテージラテックスファッションがつい登場!!お客様のナイトライフをより一層盛り上げる、最新のセクシーボンテージグッズをご用意致しました。是非この機会に征服と服従の快楽、魅惑の世界を味わって下さい。
価格:\7,350\4,778
「わくわくチェアー」の詳細を見る
わくわくチェアー
■商品サイズ 750x860x1400mm ■手枷・足枷等は撮影上のもので付属品ではありません。 ■受注製造商品です。
究極の束縛グッズ「わくわくチェアー」です。オモチャの域を遥かに越えた逸品で、手枷や足枷等を接続するとSM上級者も納得の束縛プレイが体験出来ます。束縛する方も束縛される方も大興奮の超本格的な最高級品です。
価格:\199,500\199,500
「レディーX」の詳細を見る
レディーX
■商品サイズ 980x1740x1200mm ■受注製造商品です。
究極の束縛グッズ「レディーX」です。X字に束縛出来るタイプになっていて、オモチャの域を遥かに越えた、SM上級者も納得の束縛プレイが体験出来ます。束縛する方も束縛される方も大興奮の超本格的な最高級品です。
価格:\207,900\207,900
「タチガエル」の詳細を見る
タチガエル
■商品サイズ 700x1500x1000mm ■受注製造商品です。
究極の束縛グッズ「タチガエル」です。SM上級者も納得の束縛プレイが体験出来る、オモチャの域を遥かに越えた逸品。束縛する方も束縛される方も大興奮の超本格的な最高級品です。
価格:\262,500\259,875
【2005/12/23 00:21】 広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [TOP]
ひと時の嵐のように(3)
「さあ、これでもたっぷり食らうといいわ!」
 咲江が手を振り上げる。握られているのは、黒い鞭。
 ──ピシィッ!!
 鋭い音が、部屋の空気を震わせた。
「あぁっ!!」
 私の悲鳴も、響く。
 ──ピシィッ!!
 続けざまに、もう一回。
「い、痛いぃぃ!」
「痛い? 当たり前よ! 言ったでしょ! これはおしおきなんだから!」
 さらに数回、打ち据える音が鳴った。
「ああああぁーっ!!」
 鏡に映る私のお尻に、みるみる紅い筋が刻まれていく。
「どう? 子豚ちゃん? 少しは自分のいやらしさを反省したかしら?」
「は、はい……」
「聞こえないわ、もっと大きな声でお言い!」
「あうぅぅー!」
 ブラジャーの上から、咲江が私の胸を絞り上げる。
 薄い生地だったせいもあり、咲江の指先はすぐに乳首を探し当てたようだ。押し潰すような強い力で挟まれ、私は悲鳴を上げた。
「すみません、私はいやらしい豚です……!」
「もっと私をしつけて下さいとお願いするのよ!」
「も、もっと……私をしつけて下さい、お願い、します……」
 命じられるままに口にすると、ようやく彼女の手が私の胸から離れた。
「素直ね、ふふ……」
 咲江は微笑みながら私の頬を撫でると、その指を口先に突きつけてくる。
「お舐め」
「……はい」
 首を伸ばし、私は従った。
 白い彼女の人差し指を根元まで口に含むと、頭を振り、舌を使って丹念に舐め、吸い、愛撫する。
 人差し指の次は、中指、薬指……。
「さて、じゃあ次ね」
 小指まで舐め終えると、すっと咲江が私から離れた。
「今度は、コレを使ってあげる」
 振り返った彼女の手には、紅い蝋燭がひとつ。
 もちろん先には、ゆらゆらと炎が揺らめいていた。

078.jpg

ひと時の嵐のように(4)へ

人気アダルトBLOG
HIMEGURI-NET
Trans Novel Search
他アダルトblogはコチラ
【2005/12/22 23:29】 女性同士 | トラックバック(-) | コメント(-) | [TOP]
ひと時の嵐のように(2)
「こっちに来なさい」
 ご主人様──咲江が、顎で奥を示す。
 もちろん、素直にそれに従う私。彼女の命令は絶対だ。
 ベッドの置かれた部屋の向こうは、ちょっとした小部屋になっている。
 2畳程のスペースしかないのだが、壁は総鏡張りで、中央には手足を拘束する枷が付いた椅子が置かれ、壁の一角や天井からも、先にベルトの付いた鎖が垂れ下がっている、というプレイルームだ。
 ここは、最近咲江が見つけてきたラブホテルで、こういう設備が整っている。とはいえ、全ての部屋にこういった器具や部屋が備わっているわけではなく、一部の部屋のみである。割と埋まっている事が多く、せっかく来ても利用できない事が多いのだが、今日は天気のせいもあってか、すんなり入る事ができた。
「手を出して」
「はい」
 言われるままに両手を差し出すと、咲江は慣れた動作で、天井から伸びた鎖のひとつに、私の手首を固定してしまう。
「足はこっちよ」
「うん……」
 別の鎖に足首が吊るされ、私は片足立ちの不安定な姿勢になる。
「これでよし、と」
 私を眺めながら周りを一周し、咲江が頷いた。顔に浮かんだ微笑が満足気だ。私はもう、身体を動かす事もままならない。拘束された、彼女の虜囚……それが今の、私。
「いい恰好ね、気分はどう?」
「あ……」
 咲江の手が、私のお尻に触れた。軽く揉みながら尋ねてくる。
「は、恥かしいわ」
「そう」
 上目遣いで私の横顔をじっと見る咲江。もちろんその間も、お尻を揉む手は休めない。
「う……ぁ……」
 じわじわと込み上げてくる快感に、思わず喉の奥から小さな声が漏れた。
「ふふ、恥かしいくせに感じてるのね。とんだ淫乱だこと」
 薄く笑うと、咲江の指先に力が篭る。ぎゅっと力任せに私のお尻を鷲掴みにする彼女。
「ああっ!」
 のけぞり、身体が揺れた。が、当然拘束されているので逃れられない。
「そんな悪いコには、お仕置きが必要よね」
 ご主人様が、私の耳元で囁いた。

077.jpg

ひと時の嵐のように(3)へ

官能小説ネット
大人の為の読み物探し処
Adult Novels Online
他アダルトblogはコチラ
【2005/12/21 23:48】 女性同士 | トラックバック(-) | コメント(-) | [TOP]

以下は当サイトの逆アクセスランキングトップテンです。
トップページ(http://momogen.4.dtiblog.com/)にリンクを貼ると自動的にカウントされます。
通常はサイトのURLが表示されるだけですが、常連になるとサイト名が登録されて表示されるようになります。
ログのリセットは一週間毎、3アクセス以下のサイトは表示されません。
04 | 2017/05 | 06
[S] M T W T F [S]
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

・最近の記事





電子官能小説

同人ゲーム

ボイスコミック





激安アダルトグッズチャンネル




アクセスアップ支援

アクセスアップ

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close